ふきのとうで春のカラダに!

女性のための鍼灸マッサージサロン

La Domaniの高嶋です。

今年の冬は本当に暖かくて、

La Domaniの近くにある畑のふきのとうが芽を出しました。

例年だと3月の半ば過ぎから少しずつ・・・

という感じなのですが(;^_^A

地中も暖かいんですね~。

今年の収穫♡

昔から、

「春には芽を、夏には花を、秋には実を、冬には根(根菜)を食べる」のが食生活の基本とされています。

春に芽を食べると、春のカラダになっていくのです。

冬の間はカラダが不活性の傾向にあり、

カラダにいらないものが溜まりがちです。

ふきのとうの苦みには、

余分な熱や水分を排出してくれる効果があり、

カラダを解毒してくれるのです(#^^#)

さらに苦みには精神安定の効果もあります。

春には自律神経が乱れたり、

精神が不安定になったりしがちですが、

苦みはこの変調を正してカラダを正常な状態へと導きます。

これから旬のふきのとう、

色々な味で試してくださいね!

うちの今晩のメニューは、天ぷらです♬

友だち追加