頑張る女性は食いしばってます!

富山市の女性の健康と美容のための鍼灸マッサージサロンLa Domani(ラ・ドマーニ)の高嶋です。

La Domani(ラ・ドマーニ)にいらっしゃる女性の8割以上の方が、食いしばり(もしくは歯ぎしり)をしています。

頬と頸を触ると、すぐにわかります。

食いしばりとは、上と下の歯を強く嚙み合わせることです。

通常、上下の歯と歯が接しているのは、食事の時だけです。

それ以外は、上下の歯は1ミリ程度の隙間を開けた状態を保っているのが正しい状態です。

しかし、食いしばりの癖がある方は、寝ている間や日中、大きな力で上下の歯を嚙み合わせているのです。

食いしばりの原因は、主にストレスなどの精神的な要因です。

ストレスがあると交感神経が優位になるので、口の周りの筋肉が緊張して食いしばる状態になりやすいのです。

他にも、噛み合わせの問題で食いしばりをするケースもあります。

食いしばりを続けると、歯が欠けたり割れやすくなります。

歯ぎしりをする方は、歯がすり減っていきます。

また、その状態が長期間続くことにより、歯を支えている骨に負荷がかかり、歯がグラグラとするようになってきたり、知覚過敏や歯槽膿漏、さらには顎関節症といった症状も出てきます。

食いしばりをしていてLa Domani(ラ・ドマーニ)に来る方の多くは、

首や肩の凝りを訴えます。

ひどくなると頭痛になる方もいます。

頬からエラにかけての筋肉が硬直し、顔が大きく見える方もいます。

上記の症状は、鍼灸施術をすることによって改善されます。

しかし、食いしばりを事態を治さないと、また症状が出てくるのは目に見えています。

そこで、施術をした後には、今後食いしばりを減らしていくためのアドバイスをします。

①日中何度か、上と下の歯が接していないか意識する。

(接している場合は離して、リラックスする)

②日中何度か、口を大きく開けてストレッチする。

③口を閉じているときの舌先の位置を正しい位置に置く。

(上の前歯の歯茎に当たるようにする)

④猫背にならないよう、姿勢を正す。

以上、意識してみてくださいね(^^)

LINE@では、ご予約の空き情報や、お得なキャンペーンなど配信しています。

さらにLINE@からご予約いただきますと、初回に限り全メニュー10%OFF!

是非ご登録ください!

友だち追加

【La Domaniのご予約方法】
①LINE@

②メール
salon@la-domani.com

確認にお時間がかかる場合があります。

③電話
090-3763-9309
施術中や往診時はお電話に出れませんので、メッセージを残してください。後ほどこちらからご連絡いたします。

よろしくお願いいたします。