妊娠中の不調に対して『鍼灸』はとても効果があります

女性の健康と美容のための鍼灸マッサージサロン La Domani(ラ・ドマーニ)の高嶋です。

腰痛で悩んでいる妊娠8か月の友人に鍼灸を勧めたところ、

「鍼灸ってマタニティでも大丈夫なんですか?」

と驚かれました(^^;)

彼女的には、病院に行くことを前提としていたようなのですが、

妊娠中のレントゲンは避けたほうが良いですし、

薬や湿布も制限があります。

その点、鍼灸とマッサージにおける母体や胎児への副作用は見られないので、

基本的には妊娠初期でも出産予定日を過ぎても大丈夫です。

施術を受けるにあたって心配されるであろう流産の主因は、

赤ちゃんの染色体や遺伝子の異常などの胎児要因によるものです。

また、早産は感染との関連が大きいです。

出血がある、お腹の張りが頻繁である、血圧が高い、熱がある、などの状況でなければ、鍼灸やマッサージは安全です。

マタニティ鍼灸は、

妊娠初期はつわりの緩和、

中期には腰痛やむくみなどの改善、

出産直前は陣痛促進やリラックス効果を期待できます(*^-^*)

ただ、妊娠中の施術には決まった約束事があります。

おなかへ直接鍼はしませんし、

週数や症状に合わせて刺激の強さやツボを変えていき、母体や胎児に負担とならないような施術を心がけています。

鍼やお灸、マッサージは、人が本来持っている自然治癒力を引き出し、症状を無理なく改善していく、副作用の少ない治療法です。

La Domani(ラ・ドマーニ)では、

お一人お一人のお身体の状態に合わせて、また強さの加減のご希望をお伺いしながら、細心の注意を払って施術いたします。

妊娠期間を通して施術を続けていくことにより、

母体や胎児を健康な状態に保つだけでなく、安産へと導きます。

LINE@では、ご予約の空き情報や、お得なキャンペーンなど配信しています。

さらにLINE@からご予約いただきますと、初回に限り全メニュー10%OFF!

是非ご登録ください!

友だち追加

【La Domaniのご予約方法】
①LINE@

②メール
salon@la-domani.com

確認にお時間がかかる場合があります。

③電話
090-3763-9309
施術中や往診時はお電話に出れませんので、メッセージを残してください。後ほどこちらからご連絡いたします。

よろしくお願いいたします。