古傷のうずきの直し方(心の傷ではありません)

富山県富山市にある女性の健康と美容をサポートする鍼灸マッサージサロン

La Domani(ラ・ドマーニ)の高嶋です。

急に寒くなったり、また暖かくなったり、

今年の冬は本当に変なお天気ですね。

急に冷えてくると、きまって痛みやうずきが出てくる箇所ってありませんか?

例えば、

・以前、ねん挫や骨折をしたところ

・肉離れの後の強張り

・手術の痕

・ヘルニアなどからの足への放散痛

こんな痛みやうずきには、お灸が効きます!

古傷は、痛めた後時間が経っていて、周囲の組織への血行が滞りやすい状態になっています。

そこに寒さや湿度、気圧の変化などの影響を受けることで、他の部位よりも冷えやすくなるのです。

その冷たくなっている部分にお灸をすることで、血行を促進し、滞りをなくしていくことで回復を促すことができます。

お灸をする部分は、

①痛むところ

②冷えているとこと

③痛む部分の筋肉の始まりと終わりの部分

です。

お灸は、もぐさを指で糸状に捻って、皮膚の上で直接燃やす

「直接灸(この場合は『糸状灸』)」が良いですが、

ご自宅などのセルフケアには「せんねん灸」もお勧めです。

糸状灸の場合は一か所あたり1~3回、

せんねん灸の場合は熱さを感じるまで施灸してください。

こまめに、長期間にわたってケアしてあげることが大切です。

私の場合は、高校時代にひどくひねった足首に古傷があります。

昨日までは何ともなかったのですが、今朝起きたらいきなりかなりの痛みを感じました(^^;

さっそくお灸しています♪

LINE公式アカウントからご予約いただきますと、初回に限り全メニュー10%OFFとなります♫

是非ご登録くださいね☆

宜しくお願いします(╹◡╹)

友だち追加

【La Domaniのご予約方法】
①LINE公式アカウント

②メール
salon@la-domani.com

確認にお時間がかかる場合があります。

③電話
090-3763-9309
施術中や往診時はお電話に出れませんので、メッセージを残してください。後ほどこちらからご連絡いたします。

よろしくお願いいたします。